体が冷えて血のめぐりが悪化すると、食事から摂る栄養素が体に有効に行き渡らず、排卵障害や子宮の機能が落ち、妊娠しにくい状態になります。
古くからあるお灸は冷え性の改善に有効です。
血流のわだかまりを解消し、自律神経の働きを促し、体全体をリラックスさせる効果があります。
ホルモンバランスが整うと自然と温かな体になりますよ。
妊娠に大切な葉酸は厚生労働省が正式に妊活中の方や妊娠中の妊婦に対して、積極的な摂取を呼びかけているほどの効果があるのです。
では、葉酸をたくさん摂った方が期待できるのでしょうか。
実は葉酸は、水溶性であるため、汗や尿と一緒に体外に排出されるものが殆どですから、身体の中に蓄積していく、ということは殆ど無いのです。
ですが、葉酸をたくさん摂ればいいのかと言うと決してそうではなく、過剰摂取によって発熱、かゆみ、呼吸障害を引き起こすとの報告もあるようです。
葉酸サプリは簡単に葉酸の摂取が出来る妊婦の心強い味方ですが、過剰摂取に注意して、指示された用法を守って摂取するようにしてください。
妊娠をきっかけに専門家による栄養指導を学んだり、母親学級で説明を受けた方も多いと思います。
こうした場で、葉酸を多く含んだ食材についても説明を受けたのではないでしょうか。
レバーは、葉酸を多く含んだ食べ物の代表格です。
または、ほうれん草などの野菜も、葉酸を多く含んだ食品の一つです。
実際に食材から葉酸を摂取しようと考えた場合、いくつかの注意点があります。
葉酸は加熱すると分解してしまい、体内での吸収率が悪いという性質を理解して、葉酸摂取の計画を立てましょう。
親友の話なのですが、妊活中によく漢方を飲んでいたと思います。
彼女の話では、冷え性や虚弱体質といった体質を改善し、妊娠しやすい体にするために漢方を飲んでいたそうです。
漢方であれば、妊娠中でも安心感があると思います。
漢方を続けていた彼女は、赤ちゃんを授かることが出来たそうですから、良かったと思っています。
むかし流産しています。
その時は自分を責めて苦しかったのですが、しばらく経ってから、また妊娠について前向きに考えられるようになり、妊娠に向けて、準備を始めるようになりました。
妊娠しやすい体になることを目的に、冷え性を改善するために運動を始めてみました。
運動によって新陳代謝が良くなったのか、基礎体温があがって、困っていた冷え性が、ずっと良くなりました。
一般的に、妊娠中は当然のこととして、それ以前の妊活期間からの摂取が望ましい葉酸は、日々の生活に追われていると、摂取が不十分になってしまう、などの困りごとが出てくる方が多いです。
こうした摂取不足に関する悩みは多くの方が抱えていますが、簡単な解決方法があります。
それがサプリによる葉酸の補給です。
サプリであれば、手間なく葉酸を摂取できますから、仮に食事での摂取が不十分だとしても安心です。
ところで、葉酸とはどのような栄養素なのでしょう。
葉酸は、ビタミンBの一種で、例えば、ブロッコリーやホウレンソウといった野菜類に含まる栄養素です。
妊娠初期の妊婦にとって、葉酸は大変重要な役割をもっている栄養素です。
摂取することによって、赤ちゃんが流産してしまったり、あるいは先天的な障害を負ってしまう可能性を避けることが出来るという報告があるのです。
理想的な葉酸の摂取量について、厚生労働省が発表したところによると、受胎前から妊娠初期の方には400μg(一日当たり)の葉酸を摂ることが良いとされていますので、サプリメントを活用するのも問題ありません。
葉酸は野菜の中に多く含まれていますが、その中でも特に葉酸を含んでいる野菜と言えば、冬が旬の小松菜、初春に店頭に並ぶ菜の花や、夏のモロヘイヤなど、青菜と呼ばれるものが該当します。
病院の検査で妊娠が分かってから、早めにこうした食材を食べるようにしましょう。
葉酸はお腹の赤ちゃんの先天異常などの危険性を下げる可能性があるという話があります。
ですが、様々な問題で毎日野菜を食べるのが難しい、という場合には納豆や貝類を食べるのを推奨します。
妊活中の方にご一読していただきたいのですが、この時期の女性にも葉酸の摂取が、厚生労働省により勧告されている事をご存知ですか?葉酸は胎児の正常な細胞分裂に働きかける栄養素で、妊娠初期に十分な葉酸を摂取できない場合は、赤ちゃんが、先天的な障害(神経管閉鎖障害など)を発症する可能性が高まるといった研究結果が出ているのです。
細胞分裂は、一般的に妊娠に気付きにくい受胎時から既に始まっています。
この時の細胞分裂が正常になされるようにするためにも、妊活の段階から妊娠初期の、葉酸が不足しやすい時期には、普段の食事にプラスして、栄養補助食品を活用しながら、1日400μg(0.4mg)を目安に葉酸を補給することが、厚生労働省により推奨されています。
亜鉛と言えばアルコール分解やコラーゲンの精製など、人間の体にとって必要不可欠の栄養素ですよね。
妊活中にも、亜鉛の適切な摂取を心がけ、亜鉛不足にならないように注意してください。
なぜなら亜鉛は、卵巣に作用する事で、卵子が健康的に成熟するために、必要不可欠な栄養素であるからです。
また、亜鉛の効果は女性に限らず、男性が摂取した場合、精子の質を高めることをサポートしてくれるのです。
妊活中の夫婦にとって、亜鉛は欠かすことの出来ない重要な栄養素です。
今ではサプリ等お手軽に摂取できる方法もありますから、ぜひご夫婦二人での亜鉛摂取をすすめてみてください。
続きはこちら⇒妊活サプリは子宝恵まれる為に必要です

1 thought on “不妊の一因は冷え性だともいわれています。

  1. Undeniably believe that which you said. Your favorite justification seemed to be on the net the easiest thing to be aware of. I say to you, I certainly get irked while people consider worries that they just do not know about. You managed to hit the nail upon the top as well as defined out the whole thing without having side effect , people could take a signal. Will probably be back to get more. Thanks
    Anonymous links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です