そうしたものをまとめて摂取できる総合サプリの代表的なものは、妊婦や赤ちゃんをサポートする製品で有名なピジョン株式会社の葉酸サプリです。
こちらの会社が販売している葉酸サプリにはいくつかの種類がありますし、大抵の商品が葉酸だけではなく鉄分をプラスしたものや、カルシウムがプラスされたものなど、それぞれに特徴があります。
どれも妊婦にとって不足しがちな栄養素ですし、こうした成分がまとめてまとめられています。
この葉酸サプリであれば、様々なサプリを複数飲む必要が無いため、楽に栄養が摂れるので嬉しいですね。
ピジョンのサプリには、それぞれのサプリが含有している成分に特徴がありますから、ご自身が不足しがちな栄養素が入ったサプリを選んでみてくださいね。
「妊活」という言葉から想像できることと言えば、基礎体温の検温や体調の管理など、女性がやるものだという印象が強いかと思います。
ですが、男性にも出来る妊活があるんです。
それというのも、葉酸を十分に摂るという事なんです。
不妊などの原因は母体にあるばかりでなく、意外にも夫である男性側に問題があるという事だってあるのです。
特に注目したいのは、精子の染色体異常です。
これは受精卵の着床率に影響をおよぼします。
葉酸には、染色体異常を軽減し精子の質を高めるという効果があります。
ですから、是非、男性にも実践して欲しい妊活のひとつなのです。
不妊体質とストレス。
この二つは密接に関わっています。
生殖ホルモンのバランスがストレスにより崩れると、不妊症の様々な要因のスイッチ役となるからです。
周囲の励ましや期待などが負担となったり、過度な緊張感が不妊治療とあいまってストレスになるパターンもあって、ますます追い詰められるという繰り返しも、ないわけではありません。
神経質にならないよう周囲や本人が気分転換することが、妊活の最初の一歩とも言えるでしょう。
葉酸の摂取によって胎児の先天的な神経管異常の障害を抑える可能性がある事が認められています。
ですから、妊婦に対して葉酸の積極的な摂取を厚生省が認めており、妊婦に対して摂取を呼びかけています。
実際に葉酸サプリに代表される補助食品のうち、いくつかはトクホ(特定保健用食品)に指定され、私の周りでも、実際に妊婦さんが利用しているというケースが多いそうなんです。
妊娠を希望する多くの方はご存知だと思いますが、妊活において最も気を付けてほしい事は、食事ですね。
妊活をしている方ならば、いつ妊娠しても不思議ではないですよね。
ですから、妊娠したと発覚する以前から、健康的な食事を心がけるようにしてください。
この時期に重要な栄養素は様々にありますが、妊娠初期に最も大切な栄養素と言えば、葉酸でしょう。
妊娠検査キットで妊娠が分かる以前から新しい命がおなかの中で成長を始めています。
受胎時に栄養不足などの事態に陥らないよう、妊活をしている方は、なるべく早い段階で胎児に十分な葉酸を与えることが出来るよう、食事やサプリ等に気を配ってみてください。
妊娠を希望している方や、計画されている方に向けて、厚生労働省の勧告により、葉酸の適切な摂取が求められています。
妊娠初期の、細胞分裂が活発な時期に適切に葉酸が補給されないと、例えば、神経管閉鎖障害に代表される先天的障害が発症する可能性が高まるといった研究結果が出ているのです。
もちろん、葉酸を摂取したら確実に発症を回避できるのかと言うとそうではありません。
ですが、可能な限りそのリスクを低減するために、妊活の段階から妊娠初期の、葉酸が不足しやすい時期には、食事で摂取する分の葉酸以外に、栄養補助食品を活用しながら、1日400μg(0.4mg)を目安に葉酸を補給することが、厚生労働省により推奨されています。
妊活中には食事の内容にも気を配りますが、普段から飲んでいるお茶の栄養も気になりますよね。
一般的に、妊活に効果があると言われるお茶はタンポポ茶やルイボスティーが良いそうです。
あまり馴染みのないお茶かもしれませんが、これらのお茶はカフェインゼロですから、いつ赤ちゃんを授かっても不思議ではない女性にも、赤ちゃんにとっても優しいお茶で、妊活中に飲むのにぴったりだと言えますね。
特にルイボスティーは鉄分を豊富に含んでいるため、貧血の予防になるという話もありますから、妊娠発覚後も、積極的に飲むようにしましょう。
妊婦における葉酸の効果は皆さんご存知の通りですが、一番理想的な摂取方法は、やはり日常の食生活の中で摂取出来るのが良いと思います。
葉酸は様々な食材に含まれていますが、含有量の多いものといえば、代表的なものに、モロヘイヤ、菜の花、小松菜などがありますね。
他にも枝豆、納豆、ホタテなどの食品です。
とはいえ、毎日の食事でこれらを欠かさず摂取するのが大変だという方は、無理をせずサプリ等、栄養補助食品を活用しましょう。
サプリによる葉酸の吸収率と体内利用率は、食事で得るものよりも効率が良いと言われていますし、サプリであれば毎日の摂取が負担にならずに摂取できるという訳ですね。
妊娠しにくいと思うなら、冷え性を疑ってみるのも良いかもしれません。
体温が低い状態が続くと血行が悪くなり、摂取した栄養がうまく活用できなくなって、排卵障害や子宮の機能が低下することが知られています。
冷えと冷えからくる症状の緩和にはお灸が有効です。
血行不順を緩和して自律神経の働きを促し、体全体をリラックスさせる効果があります。
ホルモンバランスが整うと自然と温かな体になりますよ。
今現在、妊娠を考えている、あるいは計画しているといった方や、妊娠初期の女性は普段の食生活以外に、充分な量の葉酸を摂取するように厚生労働省が勧めており、各産婦人科やクリニックでも、そうした指導がされるようになっています。
なぜかと言うと、必要な量の葉酸を摂取することで、赤ちゃんが神経管閉鎖障害などの先天的な障害を負うリスクを低減してくれるという話があるのです。
最近は葉酸のサプリメントも多くの種類が出ていますね。
そうしたサプリを利用する方は、サプリメントでの補給が、かえって悪影響にならないように、無添加で天然素材の葉酸サプリメントを選択する事を大事です。
PR:妊婦にとって葉酸サプリは飲まないと赤ちゃんが危険極まりません