インプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。
一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。
審美性を考えた場合、インプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が優るというべきでしょう。
さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるという辛さもあるのです。
せっかくインプラント治療を行ったのに、それから以前と比べて息のニオイが気になるという話もままあるようです。
これはなぜでしょうか。
一つには、歯茎に埋め込んだ土台と義歯の間などに、食べかすが残って臭いを放ってしまう場合や、インプラント粘膜周囲炎や、それがさらに悪化したインプラント周囲炎になっているという可能性もあるのです。
ひょっとして、と思ったら、早期に診察してもらうことが大切です。
技術の進歩した今では、インプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、とはいえ、残念ながらゼロにはなりません。
埋め込んだ人工歯根が骨と十分癒着していなかったりして、歯がグラついて違和感を覚えるなどの事例もあります。
これは、インプラント手術の経験が浅い歯科医が担当していることに起因することが多いといえます。
インプラント専門医や、それに類する技術を持った歯科を選ぶといいでしょう。
ネットのレビューなども参考になります。
手術によってインプラントを埋め込んだ後はしばらくの間、極力安静に過ごすのが無難です。
日常生活には極端な制限はありませんが、身体に負荷をかけるくらいの運動は当分控えてください。
血行が良くなると、傷口から出血する可能性があります。
運動を習慣にしている方の場合はどうなったら再開できるか、歯科医と共通理解しておくと良いでしょう。
どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことはどのようにして最良の歯科医を探し出すかです。
独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで歯科医の技量は厳しく問われるので相当な差があると考えるべきでしょう。
この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法とされています。
手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。
インプラント治療の大きな問題は、何といっても費用の問題でしょう。
保険適用外のケースが圧倒的多数で、全面的に自由診療になることが普通であるため失った歯が何本なのか、義歯などの素材は何かによっても費用の差はかなりありますし、どの歯科医院を選ぶかによっても思いの外費用は違ってきます。
また、定期的なメンテナンスも必要という点にも注意が必要です。
ほとんどのインプラント治療は保険適用外なので高額の負担が重くのしかかる方もまだまだ多いのです。
しかし、クレジットカードの分割払いや、例えば、デンタルローンと呼ばれるような信販会社のローンで支払いができる歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。
全ての費用を現金一括払いできなくても、インプラント治療に取りかかることはできるケースが増えました。
どんな完璧なインプラント治療でも、治療が終わるとその状態を保たなければならず、セルフケアを怠ってはなりません。
毎食後に磨き残しがないようブラッシングしてプラークコントロールを継続した上でインプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらうことが必須条件です。
インプラント自体は人工歯ですが、ケアが十分でないといずれ歯周炎などを引き起こすことになります。
手術では他の歯に触れていなくても、インプラントをした後、近くの歯がうずくように感じられることがあるようです。
これは、人工物を埋め込んで他の歯の神経も刺激されて反応したためで、インプラントがなじんでくるのと同時に、落ち着いてくることが多いです。
しかし、原因が他にあることも考えられるので、特に手術後は、異変を感じたら間を置かず歯科医の診療を受けることを忘れないでください。
喫煙によって、インプラント治療が影響を受ける可能性はかなり大きいというべきでしょう。
インプラント治療は数ヶ月かけるつもりで始めなければなりませんが、手術後に周辺組織が形成され、インプラントがあごにしっかり固定されることがその後の治療に関わる重要な問題です。
組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などが悪影響を及ぼすことはいうまでもありません。
インプラント治療を順調に終えようとするなら、思い切って、治療が終わるまでの間は禁煙を決意してください。
おすすめ⇒茶色の歯になるホワイトニング用歯磨き粉