材質やコーティングの進歩によって、アレルギーもほとんど起こらなくなっています。
もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など十分な検査を行い、結果を検討した上で本格的に治療をすすめていくので患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。
治療が終わったところで、重要なメンテナンスを欠かさず継続することで安全性や快適性は長期にわたって確保されます。
徐々に市民権を得てきたインプラントですが、インプラントの処置後、口の臭いが気になるようになったケースが歯科医院ではよくきかれます。
そうなる理由として、義歯と歯茎の間に歯磨きで磨ききれない食べかすが残っていることもありますし、天然の歯における歯周病と同様、インプラント周囲炎という炎症になっている場合もあり、単なる口臭と侮れません。
ひょっとして、と思ったら、すぐに歯医者さんに診てもらいましょう。
インプラントの人工歯(上部構造)は、アバットメントを通じて人工歯根に固定されますが、各パーツがどのように繋がっているかによって、以下に示す何通りかに分かれています。
インプラント(人工歯根)とアバットメントが一体であるものが1ピースタイプです。
他に、分離型の2ピースタイプがあり、ほとんどのインプラントは2ピースタイプです。
よりメジャーである2ピースタイプは、そのコネクション部分の形状により、歯根側が凸になっているエクスターナルタイプと、歯根側が凹になっているインターナルタイプに分かれます。
この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。
一度埋め込んだインプラントの使用可能年数は、原則的には一生持つとされていますが、無論ただ施術すればいいというものではなく、その後のメンテナンスや担当医の技量によっても変わるようです。
ろくに歯磨きもしないでいると、数年でインプラントが劣化し、また手術を受けなければならなくなります。
口内ケアをおろそかにすると歯槽膿漏などのリスクもあり、こうなると人工歯根の土台となっているアゴの骨も弱ってしまい、人工歯が役に立たないどころか、インプラントの寿命も短くなってしまいます。
せっかく完了したインプラント治療も治療が終わるとその状態を保たなければならず、セルフケアを怠ってはなりません。
日頃から丁寧に歯みがきを行い、完璧なプラークコントロールが必要で、インプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらうことが、インプラント維持のために必要です。
インプラントは虫歯にならないとはいえ、ケアが行き届かなくなると歯周病などのリスクが増します。
他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのはどんな歯科医にかかるかです。
独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで歯科医の技量は厳しく問われるのでかなり治療実績には差があると考えられます。
インプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法だと言えます。
手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることが治療の成否を決めるのです。
インプラント治療も万能ではなく、基本的には治療の選択肢がそれしかない患者さんにお薦めします。
周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由で必然的にインプラント治療になるというのが、多くの患者さんの実態です。
インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、噛み心地は自分の歯に近く噛み応えがある分だけ、食事も美味しく感じられます。
歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の歯根部からほぼ元通りになる人工の歯を作ることだと考えてください。
歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは歯の根元が骨に埋まっているので噛んだときの感じも自分の歯に近く、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。
ただし、インプラント治療は完全に保険適用外なので保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。
インプラント治療のほとんどが全部自費治療ですから、高額の費用が負担となる方も多いのが当然です。
しかし、クレジットカードの分割払いや、デンタルローンなどの名称で信販会社のローンで支払いができる融通の利く歯科医院が多くなりました。
治療開始時に費用を全て現金で用意できなくても、自分が希望する治療を始めることは十分可能になりました。
インプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、あごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。
これまでに歯周病とか顎関節症の経験があれば、治療以前にそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保するのがとても大事です。
さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんも治療にかなりの危険が伴います。
最新の技術を用いれば、これらの病歴だけで治療できないといわれる可能性は低いため歯科医とよく話し合うことを心がけましょう。
もっと詳しく>>>>>ホワイトニングジェルで自宅で歯の黄ばみを落とす