そうなる理由として、義歯と歯茎の間に溜まった食べ物が口臭の元となっていたり、インプラント周囲炎と呼ばれる炎症を起こしていることも考えられるので、放置はできません。
ひょっとして、と思ったら、一刻も早く、インプラント治療を行った病院に行くべきでしょう。
残念ながら、インプラント治療はほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。
医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。
確定申告することではじめて、医療費控除の対象になり税金の還付を申告します。
確定申告で忘れてはならないのは医療機関で必ず発行している領収書が必ず要求されるのでもらったものはしっかり取っておいて他の医療費とともに、1年分をもれなく保管してください。
埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければインプラント治療は終了です。
けれども指示された間隔で歯科医によるメンテナンスを受けなければなりませんから異常がなくても維持費は必要になります。
使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで定期検診に通うのが一般的です。
メンテナンスの費用は基本が保険適用なので、あまり高額にはならず三千円くらいかかります。
特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円の維持費を見込んでおいてください。
近年市民権を得てきたインプラント。
人工歯の組成には、色々な形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。
セラミックの利点は、プラスチックの差し歯よりも硬く、歯磨きで劣化しないことですが、患者さん一人一人に合わせた綺麗な歯を作れるかどうかは、実際に義歯を作る歯科技工士の技術によるのです。
人工歯の製作には、高い技術と美的センスを必要とする、高レベルな作業なのです。
いわば一点一点がオーダーメイドですから、インプラントに用いるセラミックの義歯は、歯1本につき10万円以上といった高額の費用になるのです。
欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。
インプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。
ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。
治療後、一見した感じでは、ほとんどの場合、インプラントが優っていると考えられます。
加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られる覚悟もしなければなりません。
入れ歯の装着に違和感があるという方、もしくは入れ歯の見た目を気にする方にもインプラント治療がすすめられるでしょう。
あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、人工歯をつける治療で、費用がかかることは確かですが見た目は入れ歯よりも自然な感じで自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。
何よりも見た目の自然さや快適な使用感を譲れない方にふさわしい治療です。
利点も多いインプラントですが、治療を受ける際に歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。
この点は、歯科医の技量や、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、どうなると言い切ることはできず、人と状況によりけりなのです。
鎮痛剤を飲んで、腫れた部位を冷やすなどしても、なお痛みの治まる気配がないときは、すぐに担当医にかかり、診察を受けてください。
インプラント治療のほとんどが全部自費治療ですから、高額の費用を一度に用意できない方もまだまだ多いのです。
しかし、クレジットカードでボーナス払いやリボ払いが可能、いわゆるデンタルローンのような独自の分割払いを取り入れた便利な歯科医院も多くなってきました。
手持ちの資金が十分でなくても、治療を始めることはできるケースが増えました。
人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんがお手入れなしで長持ちするとは誰も言っていません。
傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。
残存している歯と同様に歯科医や衛生士の指導に従って、セルフケアは欠かさないようにしましょう。
その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。
インプラントの人工歯(上部構造)は、アバットメントを通じて人工歯根に固定されますが、各パーツがどのように繋がっているかによって、以下に示す何通りかに分かれています。
インプラント(人工歯根)とアバットメントが一体である1ピース・インプラントと呼ばれるタイプと、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。
2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、そのコネクション部分の形状により、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)に分かれます。
この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。
もっと詳しく⇒ホワイトニングジェルで歯を磨くことが人気です