実際のところ現状では確実な説はありません。
日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって自分の歯と同じくらい保つというのが一般的な説です。
そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによって長期間の使用も問題ありませんが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうと考えなければなりません。
虫歯をひどくしてしまい、抜歯しか打つ手がなくなってしまったのです。
ブリッジでもいいですよと言われましたがインプラントにすると、このようになりますよと説明され最終的にインプラントを選びました。
費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですが自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。
手術が終わり、インプラントを使っているうちに、だんだん違和感なく噛むことができるようになり私の場合は、インプラントが最適でした。
厳しい条件をクリアしない限り、インプラント治療はほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。
医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。
医療費控除は職場の年末控除の対象ではなく、個人で確定申告をしてすでに収めた税金を取り戻す申告をします。
確定申告を行うときには、歯科医を利用したときに必ずもらう領収書が医療費の支払い証明になるのでなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう他の医療費とともに、1年分をもれなく保管してください。
どうしても避けられない問題ですが、インプラント治療は他の歯科治療と比べても高額です。
健康保険が使えることもまれにありますが、厳しい条件を満たさなければならず、治療のごく一部しか保険適用にならないのが高額の負担を強いる原因です。
インプラントの材質などを選び、極力安くしても十数万円、高価な材質を選ぶなどでその数倍の出費もあることを肝に銘じておかなければなりません。
インプラント埋入手術の後、気をつけることですが、痛みが落ち着くまでは、安静に過ごすのが無難です。
日常生活では力をかけないように努め、普通の生活を上回る強度の運動は当分控えてください。
血行が良くなることで、出血がおさまらなくなることもあります。
日常的に運動を続けている方なら、再開する時期を、歯科医と話し合って確認しておけばベターです。
歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたってかなりの痛さを想像してしまうでしょう。
麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で強い痛みを感じることはないと思ってください。
麻酔が効いたことを確認した上で手術するのが普通だからです。
麻酔が切れれば、処置の仕方によって多少の痛みはあるかもしれませんが化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。
ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントでは噛んだ感じが自分の歯に近く、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもまた嬉しいですね。
隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、インプラントの根元はあごの骨の中にしっかり入っています。
だから歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。
骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいに強いものでもあります。
もちろん、キシリトールガムも大丈夫です。
インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといってメンテナンスをしなくて良いとは言えません。
特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。
食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。
自分の歯に対する手入れと同じで良いので歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、セルフケアは欠かさないようにしましょう。
また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。
インプラント治療による危険性をいろいろな情報媒体から調べているでしょうが、その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうという話があったのではないでしょうか。
それは本当のことではありません。
MRI検査では、磁場に反応して画像が作られます。
身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。
ところが、インプラントの場合はチタン、あるいはチタン合金でできているので磁気に反応しない性質を持っていてなので、MRI検査には影響ないと考えてください。
入れ歯や差し歯と比べても利点の多い治療法であるインプラント。
ですが、制約もあるので覚えておきましょう。
それは、誰にでも適用できる治療法ではないということです。
インプラント治療をご検討の方は知っておいて下さい。
インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。
ガンで治療を受けている方や、糖尿病、心臓病などの持病をお持ちの方、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、インプラントの利用が不可能と診断されるケースがあり得ます。
そのような場合は別の方法に頼るしかありません。
よく読まれてるサイト>>>>>歯がタバコのヤニで黄ばみが増加している