陶器で人工歯を形成するので、変色や腐食がない利点がありますが、見た目を損なわず、機能面でも優れた人工歯の成形には、専門スタッフである歯科技工士の技術に左右されます。
綺麗な歯を作るための美的感覚と、それを実現する高い技術が要求される作業です。
当然、一つ一つの義歯の作成には時間もかかるので、それだけ、セラミックの歯というものはインプラントの治療費は高くなるのです。
入れ歯や差し歯に代わる新たな技術と言われるインプラント。
使用年数は普通にしていれば一生物などと言われますが、それは治療が完了した後のメインテナンスの頻度や質、担当医の技量によっても変わるようです。
毎日欠かさず歯磨きをするなどのケアを怠ると、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。
さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、インプラントの土台となっている骨にも悪影響が出るので、それだけインプラントの使用可能年数も短くなってしまいます。
「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。
まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。
歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。
当然、歯が全く残っていない状態では、埋め込む所がないので使えません。
それに対して、インプラントというのは、金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、その上に人工の歯を取り付けて固定するという施術なのです。
自由診療になるので差し歯より高いですが、歯がなくなっていても顎の骨に問題さえなければ利用できるのがインプラントの利点です。
入れ歯では噛んだ感じがしない方や、または単純に入れ歯は嫌という方にはインプラントは最適です。
人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、その上に上部体という人工歯の部分をかぶせる治療で、ほぼ全て自費診療になるため高くつきますが、入れ歯よりも見た目の自然さに優り、自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。
何よりも見た目の自然さや快適な使用感を要求する方に向いています。
どうにかして、インプラントについての高い技術を備えた歯科医に頼るしかなければ、国外までも探しにいくというのもありえます。
インプラント治療は北欧諸国が特に進んでおり、その技術を取り入れるために全世界から歯科医が集まっています。
インプラント治療で、失った歯を取り戻すためには可能性を追求して、全力で、あらゆる方面から情報を集めてみることが夢をかなえるためには大事です。
インプラント治療はどのような流れかというと、大きな3つの関門があります。
第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成というのがだいたいの流れです。
長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。
仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始からおおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。
よくいわれるインプラントのメリットですが、仮歯が入れば、義歯だと気づかれることはたぶんないでしょう。
根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じようにかなり自然にうつり、他の人に自分から言う必要もないのでいかにも義歯だと思われることはまずないと思って良いでしょう。
自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方にはこの治療が一番ふさわしいでしょう。
歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、失った歯だけの治療で済ませたいなどの要望があるケースです。
ブリッジ治療で義歯を入れるとすれば義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。
これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、該当する歯の分だけ治療することになります。
両隣の歯を削って支えにするのはもったいないと考えている患者さんには、インプラント治療を考えた方が良いですね。
年々利用者が増えてきたインプラント。
その施術とは、歯のなくなった部分の顎骨に穴を開け、「インプラント体」と呼ばれる人工の歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着する施術です。
入れ歯と比べて格段に手間がかかる分、見た目もキレイですし、食事も格段にしやすくなっています。
インプラント技術は年々進化していますが、そこには歯科医や歯科技工士の熟練の技が必須といえるでしょう。
それだけの技術が惜しげもなくつぎ込まれた高度な治療法であり、医療費は高額ですが効果はそれに見合ったものです。
歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後は、極力安静を保って生活するよう気をつけてください。
日常生活では力をかけないように努め、身体に負荷をかけるくらいの運動は避けた方が良いです。
血行が良くなると、傷口から出血する可能性があります。
運動を毎日のように行っている方は、どうなったら再開できるか、歯科医と確認しておけばベターです。
こちらもどうぞ>>>>>歯磨き粉と過酸化水素水で効果的なホワイトニングが出来ます