陶器で人工歯を形成するので、変色や腐食がない利点がありますが、自前の歯と遜色ない見た目を実現できるかどうかは、歯科技工士という専門スタッフの経験と技量が影響してきます。
人工歯の製作には、高い技術と美的センスを持ち合わせていなければなりません。
これには大変な手間と時間がかかりますから、時間・技術ともに大きなコストがかかってくる結果、金歯や差し歯と比べても高額になるというわけです。
いろいろな事情からインプラント治療を始めるでしょうが、治療にかかる費用は気がかりでしょう。
現実には、治療費といっても歯科医院や歯科医によって大きく異なります。
なぜなら、インプラントは保険適用外がほとんどで、金額は歯科医院次第です。
しかし、材料費や薬剤費などはほぼ決まっているので、相場は自ずと決まるものです。
インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいがおおよその相場と考えてください。
歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利なインプラント。
しかし、この治療法も決して万能ではなく、制約もあるので覚えておきましょう。
それは、誰にでも適用できる治療法ではないということです。
インプラント治療をご検討の方は知っておいて下さい。
インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込むという方法です。
腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、顎の骨の強度に問題があったり、既に骨がなくなっているなどの方も、インプラント治療を受けられなかったり、準備に時間がかかるかもしれません。
忘れてはいけないこととして、インプラント治療を始める前にあごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。
これまでに歯周病とか顎関節症の経験があれば、治療以前にあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させる問題が生じます。
それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方も事故を引き起こす可能性が増します。
ただし、これらの既往症があっても治療できないといわれる可能性は低いため歯科医とよく話し合うことを心がけましょう。
インプラント治療も万能ではなく、基本的にはブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な患者さんにお薦めします。
抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。
義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由で必然的にインプラント治療になる患者さんが多いでしょう。
インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントは歯根がある分だけ噛み心地は自然で、食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。
どんなケースであっても、インプラント治療を受ける際に重視してほしいのは歯科医と歯科医院をどのように選ぶかです。
この治療では、かなり特殊な外科的施術をしなければならないためたくさんの症例を治療してきたなるべく経験豊富な歯科医に治療してもらうように努めてください。
また、できれば費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底している歯やあごの現状、治療についていつでもきちんと説明してくれるなどが最終的に歯科医を選ぶ決め手です。
最近よく耳にするインプラントは、歯がまるごと抜けてしまった後で、歯根からあごの骨に埋め込んだ人工歯づくりを指します。
ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため強度や使用感が天然歯に近く、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。
現状では、インプラント治療は全て自費診療となるので治療費がかかってしまうことも知っておきましょう。
インプラント治療の問題点を皆さん、入念に調べたと思います。
その情報に、インプラントを埋め込んだ後は、頭部のMRI検査を受けられないという問題はありませんでしたか。
それは本当のことではありません。
磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。
インプラントには主にチタンが使われており、金属といっても磁気には反応せず、検査で問題になることはまずありません。
インプラントを埋め込んだ後、その歯は永久に虫歯から免れますが、インプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。
インプラント治療は、治療そのものよりその後のケアが重要で、歯周病にかからないために、毎日のセルフケアと定期的なメンテナンスはずっと続きます。
けれども、万が一歯茎が腫れたり、インプラントの周りで出血があったりすれば歯周病の一種、インプラント周囲炎かもしれません。
放置すると炎症が広がるので至急歯科医にかからなければなりません。
喫煙によって、インプラント治療が影響を受ける可能性は無視できないものがあります。
インプラント治療が終わるまでには最低でも数ヶ月必要です。
インプラントの周りがしっかり固まり、あごの骨と結びつくことが治療の成否を分けます。
周辺組織を回復させるために、ニコチンも一酸化炭素もかなりマイナスに作用します。
この治療ができるだけ早く終わって欲しいと思うなら、治療が無事終わるまでの間と思ってがんばって禁煙に励みましょう。
もっと詳しく⇒ホワイトニングの比較的、効果的な方法です